« 生徒によるオリエンテーション | トップページ | 産業社会と人間:卒業生が宿泊研修の講師の準備 »

2009年4月 4日 (土)

桜が満開に

いよいよ桜が満開に。昼過ぎまで好天に恵まれて絶好の花見日和。

正門前の桜 新棟前の桜

職場は丘の上にあり、坂を上り詰めた正面が正門という立地条件。この坂の最後の部分が桜の老木で囲まれており、桜並木をくぐるように登校する。

正門の左右も敷地内に桜が並ぶ。残念なことは、数年前に枝を伐採して、枝ぶりが不恰好になってしまったこと。それでも、通りかかる人は立ち止まって眺めたり、写真を撮ったりしていく。

夕方の風雨でも、花はまだ散る様子ではない。6日の始業式・7日の入学式まで持ってもらいたい。どちらも天候はよさそうだ。

■うららかな花見日和とはうって変わって、職場内では教務担当が時間割と名票の確認作業を行なっている。3月末の人事異動確定後の教科・系列会議を経て、時間割の本組みが始まった。6つの系列の総合選択科目や情報ではTTの科目が多かったり、講師の都合を考えたりと複雑な条件が絡んでいる。最後の微調整とその確認をして、6日には提示される予定。

私は、新しくこられた先生が教育用ネットワークに参加するための準備。6日には稼動させたい。

|

« 生徒によるオリエンテーション | トップページ | 産業社会と人間:卒業生が宿泊研修の講師の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/28965685

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が満開に:

« 生徒によるオリエンテーション | トップページ | 産業社会と人間:卒業生が宿泊研修の講師の準備 »