« 情報B:Webページ相互閲覧 | トップページ | 第2回全国大会のサイン計画 »

2009年3月16日 (月)

コミュ二ケーション(27):相互評価ゲーム

今年度最後のコミュ二ケーションの授業。短縮授業40分を使ってゲームをした。

自己認知と他己認知、自分から見た「私」と他の人から見た「私」を知ったり、「他の人を見ること」を体験するゲーム。

5~6人のグループを作る。自分を含むグループ全員分の相互フィードバックシートに、項目ごとに7段階の評価をする。例えば、「動き活発」と「静か」の間に7段階のスケールがある。記入後、自分に対するシートを回収し、自分自身を評価したシートに、ペンの色を変えて他人の評価の平均を書き込んでいく。

グループで相互評価中 一枚のシートにまとめる

2つの大項目「行動特性はどうか」と「どのようなパワーがあるか」のそれぞれに、項目が11個、7個ある。

自己評価と他己評価を比較し、自分から見た「私」と他の人から見た「私」にズレがあるかを自分自身で確認する。

グループ内で自己評価と他己評価のズレの有無を発表し合い、各自が感想を言う。

■最後の最後まで、内容のある授業だった。この科目を開発された先生方に敬服する。
今年度のこの科目「コミュ二ケーション」の紹介はカテゴリ「コミュ二ケーション」で紹介してきたが、以上で終止符をうつ。来年度はこの担当からはずれるが、ぜひもう一度担当したいと思っている。

|

« 情報B:Webページ相互閲覧 | トップページ | 第2回全国大会のサイン計画 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミュ二ケーション(27):相互評価ゲーム:

« 情報B:Webページ相互閲覧 | トップページ | 第2回全国大会のサイン計画 »