« コミュニケーション:インタビュー実習速報 | トップページ | 教員機にXAMPPをインストール »

2008年11月12日 (水)

色彩検定:自己採点

日曜に実施された色彩検定。Webで自己採点を薦めている。

合否の連絡が12月末、生徒に手渡せるのが1月の始業の日。マークシートの試験でも合否結果が届くのはかなり遅れる。合格証明書が届くのはさらに遅れて2月初旬になる。1級は、一次試験合格後、二次試験があって時間がかかるのは分かるが、もう少し早く結果を出して欲しいものだ。神奈川では、色彩検定3級が1単位、2級が2単位と、学校裁量だが、単位認定の標準例が示されている。各校が、この標準例に掲載されている検定試験を、示された単位数を超えない範囲で単位認定をすることができる。ただし、年度初めにはその学校で単位認定を認める試験を、生徒保護者に周知徹底をしておく必要がある。未だに活用されていない学校もあるが、総合学科高校では学習の幅を広げるためにも、職業観の育成のためにも、大変役に立っているシステムだ。

さて、色彩検定の解答速報が複数のサイトで実施されている。中には個人情報を登録するものもあるが、複数のサイトを見ながら、受験生は自己採点をし始めた。早速、報告に来る生徒がおり、中には9割近い得点の者もいる。

今年は、神奈川の総合学科と専門学校の連携による「秋の土曜公開講座」が展開され、「カラーデザイン講座」という色彩を学ぶ講座を受講した生徒の受験も多い。専門学校の講師の先生からも、高校時代から3級、そして2級とチャレンジする姿を見ると嬉しくなるという。

将来に向かってのチャレンジを応援する気持ちは全く同じである。

|

« コミュニケーション:インタビュー実習速報 | トップページ | 教員機にXAMPPをインストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/25305147

この記事へのトラックバック一覧です: 色彩検定:自己採点:

« コミュニケーション:インタビュー実習速報 | トップページ | 教員機にXAMPPをインストール »