« 県立学校公開講座「ワープロDTP」6日目 | トップページ | 総合学科合同Web作成委員会:今年度第5回目 »

2008年11月23日 (日)

情報B:Squeakの試験問題の構想

来週の試験週間に向けて、作問の構想をしている段階。かなり出遅れている。

朝から出勤して雑多な用事を片付けながら、4科目の試験作問の準備を始めた。特に、初日の「図形と画像の処理」と3日目の「情報B」が大変だ。

夕方から中2の息子にSqueakを教えた。情報Bの授業で使ったプリントを与え、マンツーマンで指導すると、3時間かかったことが2時間で、しかも問題演習も加えることができた。実質、時間は半分に短縮し、アルゴリズムの理解もバッチリというところ。

Squeakでプログラミング実習をする息子

息子の操作の様子を観察し、どのようなエラーをするか、また、初めての問題に対して、どのような発想をするかと気をつけて見ていた。この観察により、作問のヒントをいくつか得ることができた。

片付けなければいけないことが多々あるが、勤労感謝の日、休養を兼ねて時間をとっている。プログラミングを楽しんだ後は、しゃぶしゃぶ食べ放題の店(濱ふうふう)に出かけた。鍋が分割されていて、同時に2つの出汁が楽しめる。デザートもお代わり可というサービスも良かった。

大食の方だが、食べる量はとうとう息子に抜かれてしまった。

|

« 県立学校公開講座「ワープロDTP」6日目 | トップページ | 総合学科合同Web作成委員会:今年度第5回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/25602516

この記事へのトラックバック一覧です: 情報B:Squeakの試験問題の構想:

« 県立学校公開講座「ワープロDTP」6日目 | トップページ | 総合学科合同Web作成委員会:今年度第5回目 »