« デジハリ081018 | トップページ | 友の墓参りと献杯の会 »

2008年10月19日 (日)

Squeakデザインワークショップ

午前中、日本デザイン学会情報デザイン部会が主催する標記の会に参加

会場は武蔵工大横浜キャンパス。ちょうど情報技術者試験と宅地建物取引主任者試験(宅建)の会場になっていて、静かな雰囲気。

講師はエンガワシステムズの横川耕二氏。Squeakを使った教育カリキュラムや、Squeakで制御する教具の開発をされている。午前中は小池情報デザイン研究室で作成したマニュアルをもとに、ライントレースとボタンによる移動制御のプロジェクトを作った。

基本操作の説明

小池情報デザイン研究室では、昨年度よりSqueakを使用した教育環境のデザインの研究をしている。高校の情報教育でSqueakを使用することを支援する「Squeakで学ぼう」というサイトを作り、昨年度は系列の高校で実践している。

連携を企画中

今年度は本校と東京都の東亜学園との連携を企画中。昼休みには小池先生と横川氏が、研究実践している学生2名と共に、高校教員2名と打ち合わせをした。今週の木曜日には、本校にあったカリキュラムの相談のために、小池先生と学生が来校してくださる。

ブロックくずし完成図午後はブロックくずしゲームの制作。横川氏のオリジナル教材ブロックくずしキットで、一部のパーツが用意されている形式。パーツを配置して、アルゴリズムをタイルとスクリプトを組み合わせて実現する。Squeak環境だからこと簡単にできるという。

残念であるが、所用のため、概要の説明をうかがったところで退出。

Webには参加した生徒や先生の作品がアップされた。このように生徒が作品を共有できる環境はおもしろい。

|

« デジハリ081018 | トップページ | 友の墓参りと献杯の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24614000

この記事へのトラックバック一覧です: Squeakデザインワークショップ:

« デジハリ081018 | トップページ | 友の墓参りと献杯の会 »