« 情報B:Squeakを利用したプログラミング学習環境 | トップページ | 色彩検定:校内補習を開始 »

2008年10月24日 (金)

課題研究「探求」:最終論文作成中

3年次生、課題研究の論文提出が来週に迫っている。

ほとんどの総合学科高校が、各自のテーマ設定による課題研究を行なっている。本校では、来週火曜日に論文を提出し、12月中旬にグループ内発表、そして選考された研究が年を明けての年次内発表会と進む。一般受験の生徒もいるので、授業時間内で集中的に作業するように指導している。

本日は、1・2年次生は半日で実力試験。3年次生は特別に4時間分の時間を課題研究に当てられている。5部屋のPC教室では、240名の生徒が入れ替え制で入力作業を続ける。

PC-A教室 PC-C教室

上は40台規模、下は20台規模のPC教室。キータッチの音が鳴り響いている。

CALL-A教室 CALL-B教室 PC-B教室

放課後も居残りの入力作業が続く。紙の補充などが必要なので、巡回をするのも役割。
残念ながら、巡回中に飲み物を持ち込んでいた生徒を叱った。先日紹介した飲食禁止ポスターで生徒が描いたように、一貫した態度で臨んでいる。

本校では、PC教室を19時の下校時間まで開放している。この環境を維持するためにも。

|

« 情報B:Squeakを利用したプログラミング学習環境 | トップページ | 色彩検定:校内補習を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24724379

この記事へのトラックバック一覧です: 課題研究「探求」:最終論文作成中:

« 情報B:Squeakを利用したプログラミング学習環境 | トップページ | 色彩検定:校内補習を開始 »