« 情報A:事業所見学のプレゼンのリハーサル | トップページ | 情報B:事業所見学プレゼンまでのスケジュール »

2008年10月 7日 (火)

図形と画像の処理:メタセコイアでモデリング

専門教科情報の「図形と画像の処理」では、モデリングの単元に入った。

前回までDoGAを使った3Dアニメーションの単元であり、3面図とパース図そしてカメラワークには慣れている。PC教室にはメタセコイアLE(フリー版)が入っているが、1面しか表示できない。3面図が使えるシェアウェア版を登録せずに使うことも考えたが、こちらではDoGAやPOV-Rayへの書き出しができないことを配慮した。ファンクションキーで、側面図・上面図・正面図・パース図と切り替えられるので実質的に問題はない。先にDoGAを扱っていることもミソ。

サンプルで操作練習

ゴールを見せることでモチベーションを高める。まずはサンプルで入っている猫を使って、基本操作を体験させた。脚を伸ばしたり、球を配置して位置・サイズと材質(色)を設定する技術を教え、曲面制御(サブディビジョン)や鏡面処理(ミラーリング)という3DCGの技術を具体例で説明する。

最後は時間をとって茶色の猫を三毛猫のように着色させ、興味を持たせる。マウスによるカメラワークにもすぐ慣れたようだ。

|

« 情報A:事業所見学のプレゼンのリハーサル | トップページ | 情報B:事業所見学プレゼンまでのスケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24342219

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:メタセコイアでモデリング:

« 情報A:事業所見学のプレゼンのリハーサル | トップページ | 情報B:事業所見学プレゼンまでのスケジュール »