« 色彩検定:校内補習を開始 | トップページ | 生徒スタッフによる学校説明会 »

2008年10月25日 (土)

県立学校公開講座「ワープロDTP」3日目

県民対象の標記の公開講座。10回中の3回目。

作業の環境本日は文字のサイズと行間の関係、明朝体とゴシック体の使い分けなど「文字組み」の基礎、そしてメリハリのあるレイアウトを解説した。高校生は作業に走り勝ちだが、社会人の場合はこのような理論的な説明にもよく耳を傾けてくれる。正面のホワイトボードに参考作品を掲示してあり、いつでも説明に使うことができる。

左から右へと初心者から上級者としての改善をした比較作品は説得力がある。横一列にテキストも写真も同じものを使っているが、訴求力は全く違う。

改善比較作品例

来週は本校の文化祭のために休講。次回は外に写真を撮りに出て、近況報告のハガキを作ると予告。

|

« 色彩検定:校内補習を開始 | トップページ | 生徒スタッフによる学校説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24745941

この記事へのトラックバック一覧です: 県立学校公開講座「ワープロDTP」3日目:

« 色彩検定:校内補習を開始 | トップページ | 生徒スタッフによる学校説明会 »