« DTP入門:名刺印刷とベクトル描画 | トップページ | 課題研究「探求」:最終論文作成中 »

2008年10月23日 (木)

情報B:Squeakを利用したプログラミング学習環境

16時30分。標記の件で武蔵工大小池情報デザインゼミからの訪問

小池先生とゼミ生3名による解説

6月16日の情報部会:第1回研究会「Squeakワークショップ」にて紹介したように、小池ゼミでは高校での学習環境をデザインするために、Squeakを取り上げて研究を進めてきている。横浜清陵総合高校でも11月中旬からアルゴリズムを教える予定だが、この高大連携の教材を利用しようと考えている。ネタは螺旋多辺形の描画。横浜清陵総合高校の校章を描かせることを目標とする。

今年は他に東京で2校がそれぞれの学校に応じた内容での連携を進めている。これらの学校から結果をフィードバックすれば、一般的で使いやすい授業プログラムができるだろう。

授業の結果はいずれブログでも報告させていただく。

|

« DTP入門:名刺印刷とベクトル描画 | トップページ | 課題研究「探求」:最終論文作成中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24703907

この記事へのトラックバック一覧です: 情報B:Squeakを利用したプログラミング学習環境:

« DTP入門:名刺印刷とベクトル描画 | トップページ | 課題研究「探求」:最終論文作成中 »