« コミュニケーション(16):インタビューのリハーサル | トップページ | 図形と画像の処理:メタセコイアでモデリング »

2008年10月 7日 (火)

情報A:事業所見学のプレゼンのリハーサル

担当している情報Aのクラスでは、来週のプレゼンに向けてのリハーサル。

総合学科必履修科目の「産業社会と人間」と教科「情報」の連携のひとつ。7月に事業所見学を行なったので、情報の授業では、そこで学んだことや考えたこと、提案したいことをプレゼンする。「産業社会と人間」では、グループごとに事業所の仕事内容と体験したことの情報交換をするが、個人としての意見は扱わない。「情報」では、「一番伝えたいこと」は何かを振り返って掘り下げ、一言のテーマで表してプレゼンする。実体験を元にしていることと、けして事業所の説明にならないようにと、報告とプレゼンの差別化ができることが強み。

プレゼンのリハーサル

今年は夏休みをまたいでしまったが、いよいよ発表の日が迫ってきた。4人でグループを作り、発表者・司会・タイムキーパー・役なしをローテーションする。教員は、中央モニターにタイマーを映して、一斉のスタートを指示する。

1年次237名のうち、約200名が情報Aを選択している。40人クラスでのリハーサルは迫力がある。

|

« コミュニケーション(16):インタビューのリハーサル | トップページ | 図形と画像の処理:メタセコイアでモデリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24341199

この記事へのトラックバック一覧です: 情報A:事業所見学のプレゼンのリハーサル:

« コミュニケーション(16):インタビューのリハーサル | トップページ | 図形と画像の処理:メタセコイアでモデリング »