« 情報A・B:プレゼンテーションの振り返り(2) | トップページ | 総合学科校外連携部会:第5回会合 »

2008年10月27日 (月)

コミュニケーション(17):インタビューの諸注意とリハーサル

第17回目の授業。2週間後のインタビュー実習の諸注意後、リハーサルを行なう。

2年次生は、修学旅行の翌週が文化祭、その翌週がインタビュー実習という過酷なスケジュール。その日程は当然分かっているので、コミュニケーション担当者は着々と準備を進めている。各生徒が実習を行なう相手と場所・時間・連絡先、そして実習先と生徒の連絡方法を把握しておく。これらの情報に漏れがあれば、本日の授業中に確認をしておく。

授業のはじめは、インタビュー実習の心構えやマナーの説明。40名のクラスに2名の教員がついているので、ステレオのように深みのある連絡をすることができる。

諸注意連絡時の様子

この後、生徒同士でインタビューのリハーサルを行なう。教員は自分が担当する20名について、必ずリハーサルを行って指導をする。生徒には前回のリハーサルよりも緊張感が表れてきた。

|

« 情報A・B:プレゼンテーションの振り返り(2) | トップページ | 総合学科校外連携部会:第5回会合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24788861

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション(17):インタビューの諸注意とリハーサル:

« 情報A・B:プレゼンテーションの振り返り(2) | トップページ | 総合学科校外連携部会:第5回会合 »