« コミュニケーション(13):特別講義 | トップページ | 県立学校公開講座:ワープロDTP »

2008年9月 2日 (火)

図形と画像の処理:夏休みの宿題

「図形と画像の処理」では期末試験前日が〆切の夏休みの宿題がある。

授業ではPOV-Rayによるレンダリングを2時間しか扱えないので、プログラミング(コード入力)に慣れさせる意味もあって、日文のIT-Literacy 3DCG編のPOV-Rayの部分を自習し、全データをフォルダごと提出するという宿題を出してある。夏休み中に1日かければ終わる内容だが、未完成の生徒が昼休み、放課後、空き時間に作業をしている。

スネアドラム

この作品にたどりつくまでに、大体6時間ぐらいは要するようだ。前半は、基本的な図形描画だが、include文やcameraの設定を忘れるという初歩的なミスから、コード入力のミスなどでスローペース。この時期ははっきり言って辛いが、後半はみな夢中になって作業している。高い質感のオブジェクトをコンピュータに描画させることができるようになって、楽しくなるようだ。このテキストは、自習課題にちょうど良い。

080902povray最後がコマ送りのアニメーション。ここまで終えた生徒は、達成感が表情に表れている。
左図は、POV-Rayで書き出した連番画像をGIFアニメに統合している。この手法は先々の授業で扱うことになる。


|

« コミュニケーション(13):特別講義 | トップページ | 県立学校公開講座:ワープロDTP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/23445376

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:夏休みの宿題:

« コミュニケーション(13):特別講義 | トップページ | 県立学校公開講座:ワープロDTP »