« 彼岸花 | トップページ | 総合学科「秋の土曜公開講座」:ビジネスマナー基礎講座初日 »

2008年9月26日 (金)

課題研究「探求」:中間論文をネタにゼミ形式で

3年次生の課題研究の科目。会議室を借り、今年2回目のゼミ形式で行なう。

8月28日が中間論文(3200字以上)の提出だった。今年も昨年と同様に2名で情報科学系列の20名の生徒を担当している。実際には、その内の11名を私が受け持っている。

昨年も行なったが、テーマが近しいグループを作り、ゼミ形式の機会を作った。先週の授業で渡した互いの論文を読み込んだ上で、今日の授業を迎えた。まず、自分が研究してきたことと今後の方針を述べ、それに対して、他のメンバーが突っ込みや質問、アドバイスを与える。自分の考えが整理でき、以後の研究活動によい影響を与える機会になる。写真右はF先生の指導の様子。

080926tankyuu01 080926tankyuu02

中間論文とは言え、結構ボリュームもあって読み応えがある。コピペの注意が浸透しているので、自分の言葉で書くことは守られている。私も入って活発な意見交換が行なわれる。予想以上に(有意義な)突っ込みがはげしく、一人の論文に対して10分以上かかってしまった。

私の受け持ちは3グループに分けたが、一グループが来週に積み残しになった。

|

« 彼岸花 | トップページ | 総合学科「秋の土曜公開講座」:ビジネスマナー基礎講座初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/24051071

この記事へのトラックバック一覧です: 課題研究「探求」:中間論文をネタにゼミ形式で:

« 彼岸花 | トップページ | 総合学科「秋の土曜公開講座」:ビジネスマナー基礎講座初日 »