« DTP活用:前期期末試験 | トップページ | 神奈川県の教員採用試験の状況 »

2008年9月11日 (木)

コミュニケーション(14):インタビューの依頼文

第14回目の授業。短縮45分の1時間で行なう。

多くの生徒が夏休み中にインタビュー実習のアポ取りを終えている。私が担当させていただいているクラスでは、5人以上が未定の様子。9月中には全員が実習先を決められるようにサポートしていく。実習の許可は得たが、日程が決まっていない場合も多い。また、事業所としてインタビュー実習を受け入れていても、対応していただける職員が未定という場合も多い。当分は、授業時間以外にも個別指導が必要になる。

本日の授業では、9月25日に一斉に発送するインタビュー実習依頼状の清書を行なった。実習日時が決まっていない場合の書き方を指導することも多い。当然、封筒には宛先が必要だが、担当者の姓しか聞き取れていない生徒もあり、その対応を指示したりする。前回のエントリで書いたが、「一人ひとりを見る科目」ということが良く分かった。

さらに「アポ取り体験記」の用紙を配布し、明日までに体験記を提出することを指示。出遅れている生徒も、カナリヤバイという表情。過去、インタビュー実習をしないで卒業した生徒は一人もいない。2年次になると、総合学科ゆえに身につくものが分かってきているので、この実習に価値があることも理解している。

次回は秋休み(生徒だけ)明け。取材コンテ・インタビュー台本を作成することを予告。

|

« DTP活用:前期期末試験 | トップページ | 神奈川県の教員採用試験の状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/23768031

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション(14):インタビューの依頼文:

« DTP活用:前期期末試験 | トップページ | 神奈川県の教員採用試験の状況 »