« 全国大会:私の発表 | トップページ | インターンシップ:事後指導(1) »

2008年8月25日 (月)

図形と画像の処理:POV-Rayによるカメラワーク実習

嬉しいほど涼しい環境。本日より6時間の授業が開始。

科目「図形と画像の処理」では、夏休み前に2時間扱ったPOV-Rayを使って、3Dならではのカメラワークの説明を行う。

生徒が夏休み前に作った作品。昨年とはまた違ったレイアウトも現れた。

POV-Ray生徒作品 POV-Ray生徒作品

各自が作った作品のソースコードで値を変更させて、ズームイン/アウト、ドリーイン/アウト、ハイアングル、ローアングルの画像を描かせる。昨年同様、来週からの前期期末試験の内容になる。

ズームイン/ ローアングル

次回からは、DoGAを使って、三面図での空間把握、カメラワーク、アニメーションとしてのストーリー作りなどを体験させる。

|

« 全国大会:私の発表 | トップページ | インターンシップ:事後指導(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/23272002

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:POV-Rayによるカメラワーク実習:

« 全国大会:私の発表 | トップページ | インターンシップ:事後指導(1) »