« 情報部会:第2回研究会「情報デザインワークショップ」 | トップページ | 全国大会に向けてのトップ会談 »

2008年7月24日 (木)

専修学校教育重点支援プラン

午後、専門学校の先生などと標記の文科省委託事業の打合せに参加

午前中はクリニックで指定年齢検診なので、午後は、この夏唯一の夏季休暇を取っていた。私にとってはピンポイントのタイミングにこの会合が入った。もちろん、県には活動の許可を取っている。

私の立場は、標記の委託事業「Webなどの電子媒体環境を前提とする グラフィックデザインを中心とした情報デザイン教育プログラム開発事業」の調査・検証委員会。昨年まで「DTP活用」に講師派遣をいただいていた日本電子専門学校の理事からメンバーに誘っていただいた。

会議の様子

委員は専門学校の先生や美大の教授、グラフィックデザイン関係の民間企業の方など。今回は、高校・大学・専門学校・民間の立場で情報交換を行った。高校においても「情報デザイン」が話題になり始めているので、特異な例だが本校の事例報告には時間を割いていただいた。

この研究プロジェクトでは、情報デザイン教育の実体調査を行い、情報デザイン教育カリキュラム試案を作成。12月から高校・大学・専門学校職員に対する情報デザイン教育普及セミナーを実施していく予定。

今年度はグラフィックデザインを中心とするが、来年度はインタラクティブな情報環境を前提とした新しい方向性を取り入れたカリキュラム開発の準備をしていくそうだ。

15:20。会議終了の直前だが、予定していた会合があるので失礼した。

|

« 情報部会:第2回研究会「情報デザインワークショップ」 | トップページ | 全国大会に向けてのトップ会談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/22527689

この記事へのトラックバック一覧です: 専修学校教育重点支援プラン:

« 情報部会:第2回研究会「情報デザインワークショップ」 | トップページ | 全国大会に向けてのトップ会談 »