« 総合学科連携部会:秋の土曜公開講座 | トップページ | 教員採用試験:情報の試験問題 »

2008年7月 9日 (水)

全国大会:小池情報デザイン研究室へ

勤務時間後、武蔵工大横浜キャンパスの小池星多教授の研究室に向かう。

小池情報デザイン研究室と連携し、3年次ゼミ生の研究活動の一環として、全国大会のリーフレット、サイン計画などをデザインしてもらうことになっている。6月11日に学生と全国大会の会場にて打合せをしてから、本格的に活動が始まった。

■ちょうど一週間前に訪問した際は、ロゴ案とデザインのテーマについての活動状況をプレゼンしてもらった。

ロゴ案のプレゼン資料 デザインテーマのプレゼン資料

ロゴについては、全国大会のテーマ「Next Stage -新たに広がるネットワークの構築-」を意識して、ゼミ生10名がひとり10案を考え、それを「変化」「教育」「情報」というカテゴリに分類しながら候補を絞ってくれた。3つの候補を持ち帰り、事務局のメンバーと相談しながら1案に絞り、コメントをつけて修正を依頼した。

デザインのテーマは「会場に来られた方の不安を取り除く」ということになっている。校内の掲示物や名札などに、このテーマが反映されていくことになるだろう。これらの過程は、ゼミ生により全国大会でポスター形式の発表がされる。

■本日はロゴの完成案と、事前に各教育委員会などに送るリーフレット案の検討を行った。

全国大会ロゴ

ここでは背景に色を敷いている。選んだ1案から6パターンを派生してもらい、その中から選考した。リーフレットは、会場へのアクセスと、実行委員長の挨拶、5月24日までのデータで発表者一覧を載せてもらった。事前にもらったPDFデータをもとに事務局の方からの意見を伝えて修正を依頼した。今週末には、完成品を郵送することになっている。

小池情報デザイン研究室3年次ゼミ

毎週水曜日午後がゼミの日。この日以外も終電まで活動しており、この時期でも徹夜があるという研究室。確かに、送られてくるデータは朝5時ということもある。小池教授の指導は学生のパワーを引き出している。

|

« 総合学科連携部会:秋の土曜公開講座 | トップページ | 教員採用試験:情報の試験問題 »

コメント

いま、リーフレット見ました。すっきりしていて見やすく、
地図などの表現力もすばらしい、出色の出来だと思います。
ただ、一点だけ。交通案内図の、東急各線の色分けが、
http://www.tokyu.co.jp/railway/menu/station.html
ここと一致していると、参加者が電車の車内で路線図と照合するときに見やすかったですね。

投稿: aromatic Kam | 2008年7月13日 (日) 20時49分

aromatic Kamさん、コメントありがとうございます。

確かに!ですね。武蔵工大は東急グループの学校だけに残念ですね。

エピソードですが、信号機の色の並びについては、私が気がついたので修正してあります。「右側が赤」というルールですが、知らずとも生活には困らない情報ですね。

投稿: VX | 2008年7月13日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/22224508

この記事へのトラックバック一覧です: 全国大会:小池情報デザイン研究室へ:

« 総合学科連携部会:秋の土曜公開講座 | トップページ | 教員採用試験:情報の試験問題 »