« 課題研究「探求」:中間発表(前半) | トップページ | デジハリ080705 »

2008年7月 4日 (金)

インターンシップ:事前指導(1)

放課後、インターンシップ参加者への事前指導を行う。

開校時から5年間、このインターンシップの担当を務めている。受け入れ企業とのコンタクトが済み、今年は15社に39名が参加することになった。閉店が決まった横浜松坂屋や、担当者の退職で受け入れが不可能になった病院など、受け入れ先が減少したため、規模が小さくなってしまった。40台のPC教室教室に集め、「手引き」を配布して説明と事前指導を行った。

事前指導として、例年は、民間出身の校長から心構えについて講話をいただくが、本日は出張と重なってしまった。情報科教員を目指す大学生をインターンシップで受入れているので、私から「インターンシップを受入れる側の気持ち」を話すことで代えさせてもらった。

インターンシップの流れ

「手引き」から抜粋したインターンシップの流れ図。教員の動きは書いていないが、総合学科推進部のメンバーで手分けしてコンタクトを取り、協定書を交わして準備している。今後は、10日からの面談期間(午前授業)を利用し、それぞれの実習先に引率する事前指導を行う。また実習期間中には、巡回指導に伺うことになっている。

流れ図の後半にあるように、発表会まで指導し、振り返りによる効果と体験の共有化を狙っている。

自己紹介シートの記入

写真は、一通りの説明が終わり、受け入れ先に提出する自己紹介シートを記入している場面。文章をチェックしてから受け取り、協定書、誓約書などと共に受け入れ先に提出する。

本校では、「産業社会と人間」「コミュニケーション」「視点」という2年次までの特色科目で、書くことは鍛えられている。さすがに、2年次・3年次の文章は安心して見ることができる。

|

« 課題研究「探求」:中間発表(前半) | トップページ | デジハリ080705 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/22099081

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ:事前指導(1):

« 課題研究「探求」:中間発表(前半) | トップページ | デジハリ080705 »