« 情報デザインの定義? | トップページ | 情報部会総務会:全国大会に向けて »

2008年6月11日 (水)

全国大会:大会をデザインする

8月22日の第1回全国高等学校情報教育研究大会に向けて

5月20日にもエントリした。武蔵工大横浜キャンパスにある環境情報学部の小池情報デザイン研究室が、研究活動の一環として、「全国大会をデザインする」ために、リーフレット、掲示物(サイン計画)、名札、Webなどを統一したデザインで作成してくださる。

本日は、小池先生と3年次のゼミ生10名を、会場の武蔵工大世田谷キャンパスに迎え、私と同じく全国大会実行委員の神藤先生から依頼内容の説明と会場の案内をした。写真は、懇親会場を予定している学生食堂の一角。とても広くてきれいな会場だ。

小池情報デザイン研究室のゼミ生

この後、6号館と7号館の使用会場を見てまわり、導線を把握する。彼らがデザイン活動をポスターセッションで発表する会場は、特にじっくり見てもらった。

3年次生が解散した後、4年次生と6月16日のSqueakワークショップ研修会の打合せ。昨年度、チュートリアルSqueakで学ぼうを作成した学生が担当してくれる。ゼミ生が卒論のテーマにしている「Squeakを使った学習環境のデザイン」との連携プロジェクトになる。こちらは横浜キャンパスにて神奈川県情報部会の研究会として行う。ご希望の方は13日までにお申込みください。
題材として「らせん多辺形」を描くことを提案させていただいた。採用されるか?

|

« 情報デザインの定義? | トップページ | 情報部会総務会:全国大会に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/21573056

この記事へのトラックバック一覧です: 全国大会:大会をデザインする:

« 情報デザインの定義? | トップページ | 情報部会総務会:全国大会に向けて »