« 情報部会幹事会:あさっての研究大会に向けて | トップページ | 情報部会総会・研究大会 »

2008年5月22日 (木)

デジハリ:デジハリ大の特別講義に参加

19:30~22:00、秋葉原駅前のデジハリ大で特別講義を受ける

カナバングラフィックの富岡氏による「3Dショートアニメウサビッチが出来るまで」という講義。ウサビッチ完成までにあった様々なストーリ、裏話を紹介という案内に誘われて申し込んだ。具体的には、ウサビッチの第1集、第2集の上映をはさみながら、制作過程での絵コンテの書き方・企画の作り方・モデリングの仕方、プロデューサーとの交渉、消えたボツキャラ・ラフスケッチ数々、テクスチャ画像、ビデオコンテの紹介など、2時間を越えてたっぷりと講義していただいた。このように完成品と技術のハイライトを紹介するメイキング話はいつも面白いし、情報の授業で役にたつネタがたくさん仕入れられる。

ウサビッチチケット

3教室の間仕切りをはずして、150名を超える参加者。ほとんどがデジハリ生であり、私のような一般人と学生服の高校生がそれぞれ数名。実は10月の学園祭に向けてのプレプレイベントであったようだ。学園祭の実行委員が受付、司会など運営に携わっていた。開始前に本校の卒業生に合ったが、チケットが取れなかったようで、残念そうに帰宅していった。

私は、デジハリのMLによって情報を得ることができるので、いち早く予約していた。来週もデジハリ渋谷校の「先端色彩講座プレ授業」に申し込んである。デジハリにはいつもいい勉強をさせていただいている。

|

« 情報部会幹事会:あさっての研究大会に向けて | トップページ | 情報部会総会・研究大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/21105825

この記事へのトラックバック一覧です: デジハリ:デジハリ大の特別講義に参加:

« 情報部会幹事会:あさっての研究大会に向けて | トップページ | 情報部会総会・研究大会 »