« PC教室のメンテナンス(終了) | トップページ | デジハリ080510 »

2008年5月 8日 (木)

コミュニケーション(3):仲間づくり・バンガロー殺人事件

第3回目の授業は、2時間連続。「仲間づくり」の単元

当分の授業は広いスペースが必要。多目的ルームに仕切りを入れて2分割し、福祉実習室と合わせて3教室を用意する。3・4校時は、2年次の1~3組。5・6校時は4~6組が使う。裏番組は体育となっている。

■前回の振り返り
毎回の授業で振り返りシートに記入して提出する。前回の授業の振り返りシートの記載から、「気づき」や「学び」の深いもの、共通する記述、異なる記述をピックアップして読み上げる。今やっていることのねらいを浮き彫りにしていく効果がある。
生徒は、他人の感じ方に興味を持って聞いている。

■ウォーミングアップ(アイスブレーキング)
この後の活動に参加しやすくし、ねらいに沿った効果を高めるためにお互いの緊張をやわらげる。
仲間づくりゲーム
(1)仲間づくり: 指示にしたがって仲間を探すゲーム。仲間ができたら座る。
(2)ハブ・ユー・エバー: 一重円の椅子で、オニのないなんでもバスケット。

最後に、円形に座った順に1~6の番号を振り、6グループを作る。
次の活動のため、グループごとに長机と椅子を準備し、早めの休憩を取る。

■コミュニケーションスキルトレーニング「バンガロー殺人事件」
互いに協力して問題を解決することで、他者を理解する。このワークは5月1日に教員によるリハーサルを行っている。

グループごとに役割カードと情報カードを配り、ルールを説明。その後、45分の制限時間の中で真犯人を推理する。

バンガロー殺人事件のグループ 集めた情報を整理

担当しているクラスでは、早いグループは25分で。5グループが時間内に問題を解決した。

振り返りシートの記入■振り返りシート
(1)「バンガロー殺人事件」の活動を振り返る質問に答える。
(2)「ウォーミングアップ」「バンガロー殺人事件」の活動でわかったことや気づいたことの振り返り

生徒も振り返りの記述になれ、自分の心を客観的に表現できるようになってきた。

最後に、まとめと次回の予告をして終了。

|

« PC教室のメンテナンス(終了) | トップページ | デジハリ080510 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/20848447

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション(3):仲間づくり・バンガロー殺人事件:

» 実験的に [つれづれなるままに]
「バンガロー殺人事件」を中学2年生の授業で実施してみました。 授業時間の中(50分)での実施ということもあり、かなり駆け足になってしまいましたが、まずまずの効果だったのではないかと思います。今回はグループワークに入る前の導入として使用しました。どれだけの生徒がグループでちゃんと協力しないと回答に辿り着かないということを実感したかはわかりません。でも、振り返りワークシートを確認すると、的を射た感想が書かれていたので、少なくともこちらの意図は伝わったのではないかと思います。コンピュータ教室を離れた授業... [続きを読む]

受信: 2008年10月10日 (金) 22時35分

« PC教室のメンテナンス(終了) | トップページ | デジハリ080510 »