« 校内Web:部活動紹介のページ | トップページ | DTP活用:第1回目の授業 »

2008年4月14日 (月)

コミュニケーション(1):科目のガイダンス

第1回目の授業。特別時間割で1時間、科目ガイダンスを行う。

ピンク(科目色)のファイルと、次の2枚のプリントを配布。
・特色科目「コミュニケーション」の授業について
・年間学習計画表

080414comu01

■説明の概要は

(1)特色科目「コミュニケーション」とは
1年次で学んだ「産業社会と人間」の発展科目。
広く社会とかかわり、積極的に社会の中で生きていくために必要な『人間関係づくり(=より良く他の人とかかわり合う力)』、『コミュニケーション能力(=受け取り、感じ・考え・理解し、表現・発信する力)』の育成を図り、社会生活における「生きる力」の基礎を育てることなどを目指している。
また、同時に学習する「総合的な学習『視点』」とならんで、3年次の「課題研究『探求』」の基盤となる役割も担う。

(2)科目の目標~授業で取り上げる3つの「力」~
・人間関係つくりの基礎となる『相互理解力』
・「自分」を伝えるための基礎となる『自己発信力』
・あらゆる学習活動の基礎となる『日本語力』
この3つの「力」を取り上げて、欠けているものを見つけ、身につけることを目指す。

ただし、受け身では何も得られないこと。また、得られることは1年後に分かることを伝える。

(3)学習内容と流れ
基礎学習
 ・コミュニケーションスキルトレーニング
 ・聞き書きトレーニング
実践学習
 ・社会人への「インタビュー」実習  
表現・まとめ
 ・実践報告集の作成
 ・年間の学習のふり返りとまとめ

インタビュー実習は、過去行かなかった生徒がいないという事実も紹介。

(4)評価について
【関心・意欲・態度】積極的に他者および社会と関わり、よりよい関係を築こうとする。
【思考・判断】他者の発信する情報をとらえ、正しく理解し、適切な対応ができる。
【技能・表現】好ましい社会生活を営む上で必要な日本語運用能力や情報の受信・発信能力を身につけている。
【知識・理解】よりよい人間関係を築くための方法を知り、コミュニケーションが果たす役割の意義を理解している。

■ネームプレートづくり
次回からのコミュニケーションスキルトレーニング「仲間づくり」の導入として、A5サイズの紙を配布して両面テープで胸に貼るためのネームプレートをつくる。「好きなこと」と「この時間内のペンネーム」を記入し、好きな形に切り取ってもよい。教員から見本を見せ、急かさず、できなければ次回までにつくっておくようにと指導する。

080414comu02 080414comu03

■ふり返りシートの記入
毎回の授業後、文章で書いて翌日までに提出する。なるべく多くの分量を書くように伝える。
・科目の意義や年間計画を聞いて考えたこと・思ったこと
・説明を積極的に聞くことができたか
・ネームプレートをつくる活動でわかったことや気づいたこと

080414comu04

最後に、次回の予告をして終了。

3月24日の特色科目発表会において、上の年次の先輩たちの学習成果報告を聞いている。本日の作業には、皆積極的に取り組んでいた。

特色科目発表会のプログラムと4つの科目の関係は発表会前日のエントリで。

|

« 校内Web:部活動紹介のページ | トップページ | DTP活用:第1回目の授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/20270691

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション(1):科目のガイダンス:

« 校内Web:部活動紹介のページ | トップページ | DTP活用:第1回目の授業 »