« 図形と画像の処理:第1回目の授業 | トップページ | 産業社会と人間:オリエンテーション »

2008年4月11日 (金)

探求:オリエンテーション

本日の5・6校時、3年次の「探求(課題研究・2単位)」のオリエンテーション

5時間目は、多目的ルームで全員へのオリエンテーション。この科目は、自分の興味・関心・進路に応じて研究テーマを決め、1年間をかけて研究した成果をプレゼンと論文で発表していく。

080411ori01

今年の探求のまとめ役は新採用で4年目の若手。数学・情報で現在3年次の担任である。昨年度の指導実績があるので、リーダーシップを取っている。私は、昨年に引き続き、情報科学系列の20名のメンバーを彼と一緒に指導していく。

080411ori02 080411ori03

配布された探求の実習ノートの記述を解説していく。2年次の科目「視点」において、プレ探求の活動をしているが、いざ本番が始まるとなると不安や期待の緊張感が感じられる。担当者には今年転勤して来られたばかりの先生もいるが、こちらも同様。

6時間目は、約20名づつ12のホームベース教室に分かれる。情報科学系列はコンピュータ教室が割り振られているので、昨年度の活動状況を画像を使いながら解説。その後、各自の年間計画を作成させ、個別に面接を行った。

面接の感触では、昨年度の生徒よりも、やることが見えているし、フィールドワークにも積極的な姿勢。我々教員側の経験値が上がってきたこともあるが、それ以上に3月24日の特色科目発表会での先輩から後輩への動機付けの影響が大きいと感じた。

|

« 図形と画像の処理:第1回目の授業 | トップページ | 産業社会と人間:オリエンテーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/20188246

この記事へのトラックバック一覧です: 探求:オリエンテーション:

« 図形と画像の処理:第1回目の授業 | トップページ | 産業社会と人間:オリエンテーション »