« コミュニケーション(1):科目のガイダンス | トップページ | 総合学科校外連携部会:旧年度最後の会議 »

2008年4月15日 (火)

DTP活用:第1回目の授業

今年から新しい講師を迎えて授業のレベルアップを図る。

080415dtp

フリーで仕事をされている講師。自己紹介として、今までの作品を回覧しながら、デザイナーという職について語る。本校の生徒は、この手の話に敏感でとても良く聞いていた。
高校は初めてなので、当面は私が技術指導を行いながら、授業のペースや生徒の技術を把握していただく。

さっそく、Illustratorのペンツールの使い方を指導する。見本となるパスを用意し、その下に描いていく。クローズドパスで、始点の方向線に影響しないで終わる方法も教える。最後には、オリジナルのハートのマーク描けるようになった。

作業したレイヤーを非表示とし、新規レイヤーを作成。このレイヤーにもう一度、復習をしてくることが宿題。

講師の先生は、ペースの速さと、生徒がすぐにパスを描けてしまう様子に驚かれていた。今まで、WordやPublisherという身近なソフトでも、ベジエ曲線を扱ってきている生徒たち。アプリケーションや操作が違っても、概念を理解できていることは強い。

|

« コミュニケーション(1):科目のガイダンス | トップページ | 総合学科校外連携部会:旧年度最後の会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/20272561

この記事へのトラックバック一覧です: DTP活用:第1回目の授業:

« コミュニケーション(1):科目のガイダンス | トップページ | 総合学科校外連携部会:旧年度最後の会議 »