« 探求:卒業生が在校生にアドバイス | トップページ | 校内のポータルサイト:夏の学び »

2008年4月24日 (木)

図形と画像の処理:錯視の実験(2)

明日の授業のリハーサルを行う

明日、今週の火曜日の授業の続編の授業がある。錯視の図形を実際に作図して、検証するという実験の続き。作図のヒントとなる資料プリントを作成し、実際に作図して確認した。

080424sakushi05 080424sakushi06

複製して属性を変更した線画を、図形描画の機能で整列させる。

080424sakushi07 080424sakushi08

『ザンダー錯視』は、対角線の長さが等しい平行四辺形が隣接したとき、それらの形状の違いによって、対角線が異なった長さに見えるというもの。この錯視を確認するために、生徒はどのような方法で描くだろうか? これは宿題としてみたい。

|

« 探求:卒業生が在校生にアドバイス | トップページ | 校内のポータルサイト:夏の学び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/20542623

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:錯視の実験(2):

« 探求:卒業生が在校生にアドバイス | トップページ | 校内のポータルサイト:夏の学び »