« 横浜デジタルアーツ専門学校「卒業制作・進級制作展」へ | トップページ | DTP活用:最後の授業 »

2008年3月10日 (月)

図形と画像の処理:後期期末試験

今回は実写動画とCGアニメを合成した作品のプレゼンが試験

前回の作品の反省もあり、アニメーションには暴力などを扱わないように指導している。本日は試験であり、AfterEffects上で各自の作品の工夫を説明し、書き出した2分のムービーを紹介する。

080310pict00 080310pict01

試験期間中の休日でも作業をするために登校する。日曜日は外出の予定があったので、土曜日に対応した。それまでに実写したムービーや静止画像のほか、MetasaquoiaでスキニングしたクマをMikotoでアニメーション化してGIFアニメで書き出した3DCGを使う。生徒は一連の作業に慣れ、相当数のレイヤーを扱っている。今年のこの科目の最終目標であるクリエイター体験を十分に味わっている。

080310pict02 080310pict03

操作をしながらのプレゼンなので、なかなかビデオカメラの方を向かない。それは仕方ないとしても、かなりの工夫が盛り込まれた作品でもアピール不足のものがあった。これは、次回の授業で指摘したい。

|

« 横浜デジタルアーツ専門学校「卒業制作・進級制作展」へ | トップページ | DTP活用:最後の授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/11160391

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:後期期末試験:

« 横浜デジタルアーツ専門学校「卒業制作・進級制作展」へ | トップページ | DTP活用:最後の授業 »