« 情報A:Webページ作成 | トップページ | デジハリ:MovableTypeプレ講座 »

2008年2月16日 (土)

ICTE:Webデザイン講習会(1)

ICTE東京支部の、標記講習会に参加。3回の企画の第1回目。

13:00~16:30、渋谷にて。テーマは「ちょっと話せるWebデザインの進化と歴史」。講師は、京都に住む、デジタルハリウッド大学院大学客員教授であり、ウェブマックス株式会社代表取締役社長の渡辺康一氏。和服姿をトレードマークにしておられる。

休み時間に話を伺うと、かつてデジハリ京都校で講師を務められており、私がデジハリ横浜校・渋谷校でお世話になっているN鈴氏も教え子だという。

080216icte00 080216icte01

講習の内容は、都のF先生のブログを参考にされたい。WAO!とデジハリで、DTPそしてWebを学んできた身でもあるので、Web文化の進化の中でWebデザイン業界の苦労がよく分かった。渡辺氏は言及しなかったが、ActionScript3.0はいい加減なWebプログラマーでは通用しないし、今後のAIR環境もにらみながらCMSやSaasの勉強をしていかなければならない。Webシステムの進化に着いていけないWebデザイナー・Webプログラマーは脱落していくのだろう。レガシーブラウザへの対応に苦慮するCSSコーディングも、これからのブラウザに対応させるための更新作業は想像を絶する。特にWebのデザイン(作る)では仕事にならず、最新の技術を使いこなせないといけないのだろう。・・・これは、デジハリの短期講座が常に更新されていくことでも良く分かる。

Webデザインのためのワークフローについては、デジハリの授業で学んだことの復習だった。その上で、かねてから存在は知っていたがInternetArchiveのサイトの授業での使い方や、モバゲータウンの利用状況、MovableTypeが日本でもてはやされている状況など、我々教員がバックグランドとして持っていたい知識を吸収することができた。

終了15分前、デジハリ渋谷校での研修のために早退させていただいた。講師の渡辺氏には事前にご理解をいただいたが、他の参加者にも失礼な行動であり、申し訳なく思っている。この場を借りてお詫びいたします。

|

« 情報A:Webページ作成 | トップページ | デジハリ:MovableTypeプレ講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/10557795

この記事へのトラックバック一覧です: ICTE:Webデザイン講習会(1):

» ちょっと話せるWebデザインの進化と歴史 [情報科メモ帳]
今日は午後からICTE東京支部主催の表記研修会に参加しました。 講師は ウェッブマックス株式会社 代表取締役社長 渡辺 康一先生です。以前にこのブログでご紹介した、和菓子屋さんの社長さんでもあります。スタッフの方が持ち込んだHubやケーブルを接続してネット環境も作っていただきました。お話しの題目は以下の通りでした。 1.WEBサイトの歴史 2.WEB文化の歴史 3.WEB制作技術史 WEB2.0革命とは?、授業で使えるネタなど多岐にわたってのお話しを聞かせていただきました。まずは、Webサ... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 07時00分

» 和装の社長、Webの歴史を語る [ネットで教科「情報」日記]
「Webの歴史はドッグイヤー」と語るのは、30代の「渡辺康一」氏。ウェブマックス株式会社の社長さんです。 本日行われた、ICTEの研修会の講師をしていただきました。本日のお題は「ちょっと話せるWebデザインの進化と歴史」。Web15年の歴史を、とってもわかりやすく解説していただきました。氏は、大学で教鞭をとりつつの社長業、おまけに高校で教鞭をとった経験もあり、話しの内容も常に「高校の授業での落とし込み」という視点を忘れません。 久々に大満足の研修会でした。詳しい内容は、他の方のブログやI... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 10時38分

« 情報A:Webページ作成 | トップページ | デジハリ:MovableTypeプレ講座 »