« コミュニケーション:ポスターの効果 | トップページ | 横浜清陵総合高校のペーパークラフト »

2008年2月 6日 (水)

情報部会テスト委員会:完成テストの送付

16時より湘南台高校にて、標記委員会に参加

マーチングバンド(吹奏楽部)では全国レベルの学校。PC教室で会合を開いたが、楽器の音、メトロノームの音が絶えない。

080206kyouiku01昨年度は委員会の内部で試行したが、今年度から本格実施する「完成テスト」。1年間の学びの成果を評価するテストの原稿を、申し込み校に送付する作業を行った。問題用紙と解答用紙(記述用とマークシート用)およびその元データFDを簡易書留で郵送する。袋詰めの前に、OMRでの動作確認を行った。

神奈川県総合教育センターが開発したOMR処理システムでも採点が可能である。このシステムはフリーでダウンロードでき、他の都県や上級学校からも評判が良い。テスト委員会の委員長である横須賀総合高校のI先生は、このために、1年間の実験をこなしてきている。

神奈川県では4月に県下一斉テストという、国語・数学・英語・理科・社会・情報の6教科の試験が学校裁量で任意に行われる。情報については、印刷所を使わず、原稿のみの提供で各校の印刷にゆだねるために無料で行っている。その手軽さのため、他の都県からの採用もある。過去3回の問題と結果は神奈川県情報部会サイトでご覧いただける。3月中旬には、問題送付のための会合が予定されている。試験実施を希望される全国の高校等においては、早急にお申し込みください。

|

« コミュニケーション:ポスターの効果 | トップページ | 横浜清陵総合高校のペーパークラフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/10300361

この記事へのトラックバック一覧です: 情報部会テスト委員会:完成テストの送付:

« コミュニケーション:ポスターの効果 | トップページ | 横浜清陵総合高校のペーパークラフト »