« 小池情報デザイン研究室「卒業研究展」へ | トップページ | 校内発表会の前日 »

2008年2月25日 (月)

もったいないから始めよう

環境学習を推進されているN先生の現代社会の授業より

4校時に、県の環境計画課の方3名と横浜市大の学生2名がサポートして、環境保全を啓発する授業が行われた。私は、後半から見学させていただいた。

080225eco00_2生徒は、グループ内で話し合いながらこのワークシート(クリックして拡大)に記入していた。あなたがすぐにできることはどれ?と、9項目があげられている。これらの項目は、県環境計画課内「かながわ地球環境保全推進会議事務局」が作った、「マイアジェンダ=私の実践行動」登録シートから、「アイドリングストップやエコドライブに取り組みます。」を除いたもの。
「ごみを分別する」「レジ袋を断る」など、自分が実践しようとする環境に配慮した行動を登録(=宣言)し、日々の生活の中で実践してもらうという狙い。

『「もったいない」から始めよう!』というタイトルのワークシートでは、個人の優先順位をつけた後、話し合いでグループとしての優先順位を決定する。さらにグループの代表が全体に理由を述べながら発表する、という展開が工夫されている。

環境保全意識と行動実践を啓発する効果が期待できる。かながわの環境のサイトからも、マイアジェンダを登録することができるので、ご覧いただきたい。個人登録には、全項目バージョン(35項目)ともったいないバージョン(10項目)がある。後者は、35項目の中から「もったいない」に関連する10項目になる。

080225eco01 080225eco02

同じグループ学習であっても、外部の方が見えて説明をいただくので、生徒のモチベーションも高まる。県環境計画課の方に伺うと、今回がはじめての試行であり、今後も学生の環境学習に役立てたいということであった。

外部と関わりながらという、総合学科らしい授業展開。管理職も目を細めて見学していた。

|

« 小池情報デザイン研究室「卒業研究展」へ | トップページ | 校内発表会の前日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/10759680

この記事へのトラックバック一覧です: もったいないから始めよう:

« 小池情報デザイン研究室「卒業研究展」へ | トップページ | 校内発表会の前日 »