« 図形と画像の処理:生徒のアニメーション作品から | トップページ | Illustratorクリエイター能力認定試験の結果 »

2008年1月28日 (月)

CG検定の合否結果

11月25日の検定の合否結果と合格証が届いた

以前からCG検定として親しまれている試験だが、ここ数年は技術の進歩に伴い、検定カリキュラムの改編が続いていた。

CGクリエイター検定のディジタル映像部門3級の受験者9名は全員合格。用語や技術など、授業で扱っていない部分が多いが、補習してテキストをじっくり勉強させた成果が出た。もちろん、補習を聞くだけではダメで、自分で勉強を積まないと合格はできない。一連の勉強で、CGがどのようにできているのかを知り、業界が見えてきたことだろう。

CGクリエイター検定ディジタル映像部門2級と同WEBデザイナー部門2級の併願者1名は、後者のみ合格。3年次生で、時間的余裕がなかったのが敗因。本人も理解しており、進学後には1級まで取ると言っている。

神奈川県では、CG検定は3級の合格により1単位、2級の合格により2単位の認定が可能だ。単位認定を希望する生徒は、合格証を添えて申請する。3年次生は早めに申請手続きを取らないと間に合わない。まさか、この1単位で卒業できるか否かが決まる生徒はいないだろうが。

同じく11月に受験した色彩検定については、12月20日に合否結果が分かっているが、まだ合格証が届いていない。3年次生で勲章として単位認定を楽しみにしている生徒がいるので、なんとか発送を急いでもらおうと検定団体に催促をしてみた。まだ回答がないが・・・

本日、明日と神奈川県では公立高校の前期試験。つまり、在校生は自宅学習である。合格通知を生徒にすぐに伝えられないのが残念だ。

|

« 図形と画像の処理:生徒のアニメーション作品から | トップページ | Illustratorクリエイター能力認定試験の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/10142810

この記事へのトラックバック一覧です: CG検定の合否結果:

« 図形と画像の処理:生徒のアニメーション作品から | トップページ | Illustratorクリエイター能力認定試験の結果 »