« 検定対策補習:情報デザイン試験(2) | トップページ | 図形と画像の処理:試験はアニメと実写の合成風に »

2008年1月19日 (土)

検定対策補習:情報システム試験(4)

午後3時間半、2月3日のJ検「情報システム試験」の対策補習を行う。私の分担4回目

こちらも12月28日の前回から間が空いた。来週の週末も補習を予定していたのだが、前期入試選抜直前のため、校内に立ち入り禁止となってしまった。まだまだ説明が必要なのだが。。。

昨年度後期(第1回目)の「基本スキル」問題から題材を選んで説明し、さらに、解かせてから解説した。

(1)数値データとその表現
正負を考えた2バイトの整数表示で表すことが可能な値の範囲。10進小数を2進小数に直すと無限小数になる場合。浮動小数点(IEEE方式)の計算における誤差問題。2進化10進コード(BCD)の記憶形式、ゾーン10進数・パック10進数。JISコードとシフトJISコードの違い。

(2)CPUと各装置間のインターフェース
バスラインとチャネル。パラレルインターフェースとシリアルインターフェースの特徴。

(3)OSのファイル管理
ファイル編成とアクセス法。階層構造のファイルシステム。

乾燥したPCルームで、合計6時間の講義。のどがカラカラになり、飲食禁止がうらめしい。

|

« 検定対策補習:情報デザイン試験(2) | トップページ | 図形と画像の処理:試験はアニメと実写の合成風に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/9972528

この記事へのトラックバック一覧です: 検定対策補習:情報システム試験(4):

« 検定対策補習:情報デザイン試験(2) | トップページ | 図形と画像の処理:試験はアニメと実写の合成風に »