« 図形と画像の処理:MIKOTOで3DCGアニメ | トップページ | DTP入門:クリスマスカード(2) »

2007年12月12日 (水)

現代社会:Habitat for Humanity

現代社会の授業で、東海大学の学生がHabitatの活動のプレゼンをした

Habitat for Humanityとは国際NGOで、世界の132ヶ国で活動し、世界中の貧しい人々やホームレスの人々、自然災害で家を失った人々に対してシンプルで丈夫な家を建設している。この東海大学の支部の学生10数名が授業に協力してくれた。

きっかけは、夏休みの情報のインターンシップに参加した学生が、社会科のN先生と話しをする中で、自分の活動を紹介したこと。インターンシップ活動の傍ら、総合学科高校の教育活動を理解し、仲間をさそって協力してくれる運びとなった。N先生と2度の打ち合わせをし、本日、1年次4クラスを対象の授業が実現した。

まず、グループごとに「自分にとって家とは何か」を話し合う。大学生が各グループに入り、進行をサポート。

071212habitat01

今年2月のフィリピン・パワラン島での活動をビデオで紹介。住居建設活動のボランティアの様子や、現地の人との触合いの様子を、大学生の解説つきで見ていく。

071212habitat00

学生が自分の体験を元に、国際ボランティアの紹介をする。実体験を元にしているので、話には説得力がある。興味を持った生徒は、放課後も話を聞いている。実体験をした年齢も近い大学生から聞くこどで、教員が授業で説明する以上の教育効果がある。企画は成功だった。

071212habitat03 071212habitat02

終了後、校外で反省会。大学生からは
・想像以上に、高校生は関心を持っていた。また聞いてくれた。
・プレゼンすることで自分たちの活動を振り返り、意義を確認できた。
などの意見が出て、達成感を感じることができた。

私も学生に戻れたら、habitatの活動に参加したくなった。きっと、高校生の中でもチャンスがあったら参加する者が出てくるだろう。「今日のような発表もボランティア活動の一環として、出身校などに企画を提案していって欲しい。」とエールを送った。

|

« 図形と画像の処理:MIKOTOで3DCGアニメ | トップページ | DTP入門:クリスマスカード(2) »

コメント

プレゼンテーションでお世話になった東海大学の東です。
あまり、お話する機会がなかったのですが最後の反省会での先生のお話が印象的でした。また何かの機会があってお世話になるかもしれません。その時はよろしくお願いします。

投稿: 東 | 2007年12月14日 (金) 17時09分

プレゼンテーションではお世話になりました。

私たち大学生としても自分たちの活動を伝えるというのは非常によい経験でしたし、高校生と話すことによって自分の高校時代のことを思い出してみたりと実りのある時間であったと思います。特に私も含めた教員志望の学生は教員になりたいという気持ちを強くすることができました。

投稿: 内田 | 2007年12月18日 (火) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/9380780

この記事へのトラックバック一覧です: 現代社会:Habitat for Humanity:

« 図形と画像の処理:MIKOTOで3DCGアニメ | トップページ | DTP入門:クリスマスカード(2) »