« 日本情報科教育学会の設立について | トップページ | 日本情報科教育学会の設立について(2) »

2007年12月 4日 (火)

DTP活用:作品のブラッシュアップ

後期中間試験の作品を講評し、ブラッシュアップの作業をする。

11月26日の中間試験では作品のプレゼンを行った。作品とプレゼンの評価を返却し、それぞれの改善目標を示す。TTの講師である日本電子専門学校グラフィックデザイン科の藤井先生が解説すると、生徒は他の作品の講評も含めて聞き入る。そして、互いの良い点、失敗した点を吸収していく。私はセオリー的な解説はできるが、デザイン的な評価をするにはまだ力不足である。

071204dtp00 071204dtp01

この科目は火曜の午後2時間で行っている。藤井先生の解説の後、各自が特に「可読性」を意識して作品をブラッシュアップする。来週の授業の直前に再提出ということになっている。生徒の作品は、確実に読みやすくなってきた。

次回は、この作品の提出の後、1月11日に多目的ルームで開催される3年次生の課題研究発表会のポスターを作ることを予告。イラストと文字情報が中心となるので、色使いやレイアウトの構想を練っておくように伝えて終了。

|

« 日本情報科教育学会の設立について | トップページ | 日本情報科教育学会の設立について(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/9254052

この記事へのトラックバック一覧です: DTP活用:作品のブラッシュアップ:

« 日本情報科教育学会の設立について | トップページ | 日本情報科教育学会の設立について(2) »