« 図形と画像の処理:試験はCG検定風に | トップページ | 図形と画像の処理:試験はCG検定風に(2) »

2007年11月30日 (金)

課題研究「探求」:発表会の準備

総合学科3年次の課題研究。本校では「探求」という科目名。いよいよ発表の準備。

来週と再来週の金曜午後を使って、研究グループ内での研究発表となる。この部屋では、私と若手F教員の担当するグループ18名が、8分の発表と2分の質疑応答を行う予定。

本日2時間のスケジュールは、発表のためのスライドなどを準備することと、発表の順番と規定の質問者や司会・タイムキーパーを決めること。さらに、合間を見て最終論文の書き直しの指導を行う。

若手のF先生が、乱数を発生させて発表順を示す。拒否権は一人1回で、拒否する者が出なくなるまで繰り返す。

071130tankyuu

誰もが最初の発表になると拒否する。が、一度だけ。みんなで盛り上がりながら、拒否が出ない(できない)状況で発表順が決定。規定の質問は、自分の発表後の2人に行う。司会、タイムキーパーも皆で分担して協力体制を作り上げていく。7月6日の中間発表を体験しているので、今回の方が発表前の緊張を楽しんでいる様子。

2週間の発表の後、12のグループから代表一人を選出し、1月11日(金)の3・4・5・6時間目に3年次生全員の前で発表を行う。さらに、金沢総合高校と大師高校からも各1名の発表者を招待する。これは、11月16日の金沢総合高校の発表会の逆パターンであり、本校の発表の様子をテレビ会議システムで両校に生中継する。

これらの発表会に興味を持ち、見学を希望される方はご連絡ください。

|

« 図形と画像の処理:試験はCG検定風に | トップページ | 図形と画像の処理:試験はCG検定風に(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/9190013

この記事へのトラックバック一覧です: 課題研究「探求」:発表会の準備:

« 図形と画像の処理:試験はCG検定風に | トップページ | 図形と画像の処理:試験はCG検定風に(2) »