« 新・中教審情報の入手方法 | トップページ | 県立学校公開講座「ワープロDTP」(3) »

2007年11月 9日 (金)

探求:最終論文提出締切

総合学科の必履修科目「課題研究」の最終論文の提出日

9月14日の中間論文締切と同様に、本日18時30分が提出期限。4800文字以上という条件。

文化祭終了後、3年次どうしで「あと何文字?」「字数はオーバーしたけど…」などの会話が飛び交っていた。今日は、1・2年次が実力テスト、3年次だけは4コマ分の論文作成の時間であった。PC教室5部屋と図書室、自習室のPCは時間制で交代。みな、真剣に取り組んでいる。

071109calla 071109pca

071109pcb 071109pcc

071109teisyutuこれは担当している情報科学系と教育系のグループの提出状況。
本校では、1年次の「情報A/B」と「産業社会と人間」で、かなりの電子データの提出を行っている。提出期限近くなると放課後のPC教室はあふれてしまう。2年次の「視点」と「コミュニケーション」の授業でも同様だ。この3年次の生徒は、さすがにスケジューリングが上手くなってきた。ほとんどの生徒が授業時間内に印刷物と電子データを提出することができた。放課後残って作業する人数は、中間論文提出日に比べて激減。提出時間厳守のモチベーションを高めるために、ヘッダに最終印刷時間を設定したのも功を奏したか。

教員は、この一週間で論文をチェックして修正させる。生徒は、来週から論文内容をプレゼンする準備にかかる。これが、横浜清陵総合高校の教育活動の集大成になる。系列グループ内の発表を経て、年次全体での代表発表、そして、3月には全年次合同の学習成果発表会と続く。

071109tv■来週の金曜日、金沢総合高校では一足先に課題研究の代表者発表会。本校の生徒2名と大師高校の生徒1名も招待されて発表する。その発表会の様子をテレビ会議システムで放映する。本校の3年次生は、校内にいながら、他の総合学科高校の発表の様子を見ることができる。
今日はそのリハーサルも行った。写真手前がカメラとマイクの装置。3元中継では多少画質が落ちたが、音声はクリアだった。

■本日論文を書き上げたところだが、来週、金沢総合でプレゼンをする2名を決めなければならない。AO入試で進学が決定している生徒に声をかけると即答でOK。
チャレンジすることが当然という風潮の学校である。

|

« 新・中教審情報の入手方法 | トップページ | 県立学校公開講座「ワープロDTP」(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/8843948

この記事へのトラックバック一覧です: 探求:最終論文提出締切:

« 新・中教審情報の入手方法 | トップページ | 県立学校公開講座「ワープロDTP」(3) »