« 第A回プ会に参加 | トップページ | 図形と画像の処理:試験はCG検定風に »

2007年11月28日 (水)

DTP入門:試験はトランプのトレース

「DTP入門」の中間試験は、トランプのマークをベクトル形式でトレースする実技試験。

071128dtp_test003

MS Office(Open Officeも)に付属の機能、「フリーフォーム」を使ったベクトル描画の習得のための実技試験。20分で操作方法の説明し、波線や楕円の描き方を練習した。下は配布したPowerPointファイル中の2枚のスライド。他のスライドのページには波線などの練習問題が用意されている。

071128setumei01 071128setumei02

残りの時間で、トランプの4種類のマークを模写(トレース)させた。見本とトレース用の下絵(GIF形式)が別のスライドに用意してある。下絵ではアンカーポイントを設定する場所も分かるが、これはIllustratorのアウトラインモードを利用してキャプチャした。部分的に拡大して作業効率を考える。さらに時間に余裕のある生徒は、別のスライドにオリジナルのハートマークを作成し、EMF形式(ベクトル形式の一種)で保存させる。

071128card_color 071128card_outline

テストでは時間が限られ、目的達成の意識が強いので、生徒が技術を習得するレベルが高い。ここで身に付けた技術を使って、ベクトル描画でクリスマスカードまたは年賀状を作る単元が控えている。過去の作品はこちらで。

|

« 第A回プ会に参加 | トップページ | 図形と画像の処理:試験はCG検定風に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/9155851

この記事へのトラックバック一覧です: DTP入門:試験はトランプのトレース:

« 第A回プ会に参加 | トップページ | 図形と画像の処理:試験はCG検定風に »