« 図形と画像の処理:試験問題例 | トップページ | 図形と画像の処理:問題例2 »

2007年9月10日 (月)

図形と画像の処理:POV-Ray実習

昨日のエントリについて、授業での実習を紹介する

POV-Rayは前任校で2003年に自作チュートリアルを作成し、現在も導入で使っている。
コメントアウトしたソースをブラウザからコピーして貼り付け。その後、コメントアウトをはずしながらレンダリングし、ソースの意味を解説していく。少しなれたら、z座標を変更したり、色や質感を変更して理解を深めていく。空間座標とプリミティブの拡大や回転はすぐに覚えてしまう。

生徒のスキルが上がってきており、最近では2時間目に自主的なデザインをさせている。日本語マニュアルも出ているので、このウィンドウを横に開いて自由に創作させる。次のように様々な作品ができる。

Povray00 Povray06

Povray03 Povray04

次の時間には、カメラの設定を変えたり、光源を変えたりという実習になる。大体4時間もあれば十分な体験ができ、あとは昨日のエントリのように副読本を利用して自習させる。打ちこんだコードにエラーがあるとレンダリングできないのでバグ探しの練習にもなる。

後にメタセコイアでモデリングし、POV-Rayに配置してレンダリングする実習も行う。これらの作品からサイドナビのマイフォト清陵の授業(CG編)に掲載している。

|

« 図形と画像の処理:試験問題例 | トップページ | 図形と画像の処理:問題例2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/7889556

この記事へのトラックバック一覧です: 図形と画像の処理:POV-Ray実習:

« 図形と画像の処理:試験問題例 | トップページ | 図形と画像の処理:問題例2 »