« 教科「情報」が継続して必履修に | トップページ | 研修会:神奈川大学ひらつかキャンパスへ »

2007年9月17日 (月)

専門教科情報は?

中教審の検討素案の公開が待たれる

まずは素案が実現することを期待している。今までの「情報A」「情報B」「情報C」という呼び方では分かりにくい。県内の学校で3科目を選択としている学校では、「情報C」が一番高度な科目と判断する生徒が多いという。入学時の選択なので、説明はするそうだがなかなか伝わらないという。素案の2科目の名前の方が分かり易い。

本校では1年次に「情報A」「情報B」の選択必履修。実際には「情報A」は「情報C」の内容を含んでいるので、「情報C」に変えようという話もあった。しかし、上記の事例があるので、現状のまま。今年の履修者数は、240人中の43人が「情報B」。「情報B」の選択者が少しづつ増えてきている。

素案どおりならば、本校では、「社会と情報」「情報の科学」の2科目は1年次の選択必履修科目となるであろう。理由は2つある。1つは、早くから校内ネットワークに慣れて「産業社会と人間」やその他の科目で、ICTを活用していくため。もうひとつは多彩な専門科目群を配置するために、その前に履修させる必要があるからだ。

さて、私が中教審の検討素案を早く見たいのは、専門教科情報の科目配置を知りたいから。科目名が同じであっても、指導内容は刷新されるだろう。これだけ早く技術が進歩するので、教科書の内容も古くなってしまっている。
専門科目はまだ具体になっていないかもしれないが。

この機会に情報科学系列の科目を再構築していきたい。現状では、科目が人についてしまうので、一度シャッフルするという狙いもある。下図は、今年度の本校の情報関係の科目群。

08seiryou_kamoku


|

« 教科「情報」が継続して必履修に | トップページ | 研修会:神奈川大学ひらつかキャンパスへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/7990346

この記事へのトラックバック一覧です: 専門教科情報は?:

« 教科「情報」が継続して必履修に | トップページ | 研修会:神奈川大学ひらつかキャンパスへ »