« 図形と画像の処理:問題例2 | トップページ | インターンシップ報告会 »

2007年9月12日 (水)

光の三原色:IrfanViewでの実習

「情報A・B」および「図形と画像の処理」における、光の三原色の実習

Rgb_3colors

この図は、IrfanViewというソフトで光の三原色の混色を表した画像を開いたところ。
画像は、POV-Rayで白い壁に3色のスポットライトを投影した状況を描画した。

IrfanViewは普通教科情報で画像処理を教えるには十分な機能を持っているフリーソフト。本校のPC教室では全てインストールしてある。

メニューから 画像>色調補正 を選択すると、光の三原色の増減の実験ができる。
授業では、スポットライトのうち一色を消していくとどうなるかという実験をする。

赤を半減した図。 スライダーと右の調整後の図に注意。
Rgb_r127

赤を完全に消した図
Rgb_r255

このように、カラーバランスのR/G/Bのスライダーをマイナス方向に移動し、この組み合わせの実験で加法混色を理解する。

次に、実際の画像を使って実験する。ただし、それぞれのスライダーを下げる前に、どのような色になるか発問してから実行する。
Himawari_r255

これも赤を減じたものだが、生徒は結構感動してくれる。
Fuji_r255

■IrfanViewにはモザイクやぼかしなどのフィルターの他、トリミングやリサイズの機能もあるのでWEB素材を加工するにも最適。授業では重宝している。

|

« 図形と画像の処理:問題例2 | トップページ | インターンシップ報告会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/7918988

この記事へのトラックバック一覧です: 光の三原色:IrfanViewでの実習:

« 図形と画像の処理:問題例2 | トップページ | インターンシップ報告会 »