« NetCommons応用講座 | トップページ | センター試験:情報関係基礎 »

2007年8月 3日 (金)

NetCommons応用講座(2)

この夏の研究テーマはCMS・LMS。とは言っても独学では進まない。
この講座で管理的な体験ができたので、視野が広がった。

昨日の続き。個人で作業しながら小菅先生に質問する形式。
LinuxとNetCommonsのインストール、データベースの作成、管理者やユーザの登録までが済んでいる。
今日は、各種のモジュールを実装して、その使い勝手を確認していく。仮想サイトだが、まずはトップページ。
Nc00

最上部の左右のロゴの画像および背景のテーマを変更できるが、これはどうでもよい。左のカレンダーはデフォルトでついている。「お知らせモジュール」の下に、(見えないが)「新着情報モジュール」、「日誌モジュール」を配置。ブログのように簡単に組み込むことができるし、更新も楽だ。
「新着情報」には、更新した情報が自動で追加される。「日誌」にはコメントやトラックバックの実装も可、もちろん承認の設定もできる。

参加者が一番興味を持っているのは、「小テスト」「アンケート」「レポート」のモジュール。ログインしたユーザの属するグループルーム(ページ)に配置することで管理する。繰り返し答えることはできない、また提出したユーザ名も管理できる。提出期限も設定できる。これらの機能は想像していたが、実際に運用体験して、CMSの有難さが分かった。

以下に、小テストとレポート・アンケートの管理画面を紹介する。
Nc01

Nc02

「レポート」は、提出者と管理者のみで掲示版的なやり取りができる。
ひとつだけ難点があった。小テストで記述式の問題を作ると、一人ひとりの解答を開いて採点しなければならないこと。部分点をつける手間もある。まあ、選択式のみにすればよいのだろう。自動採点され、提出直後に採点結果・解説が示されることは、学生にも受けがよいはずだ。

NetCommonsの先進県である千葉県では、学校の公式サイトとして小学校から高校までかなり普及している。似たようなページデザインになるが、それよりも管理のリスクが少ない。担当者の異動があっても、すぐに引き継げる。ユーザ登録もさほど手間が掛からないし、初心者でもブログ感覚で更新することができる。

このNetCommonsの新バージョンが発表される。小菅先生は、KnoppixにNetCommons1.1を組み込んでUSBメモリで起動させる準備をしている。このシステムは応用できそうだと、T中先生と相談しながら帰宅。満足の2日間だった。

|

« NetCommons応用講座 | トップページ | センター試験:情報関係基礎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/7398287

この記事へのトラックバック一覧です: NetCommons応用講座(2):

» NetCommons in 日本電子(2日目) [ネットで教科「情報」日記]
昨日に引き続き、日本電子でのNetCommons研修です。 今日はNetCommons自体の操作をひととおり学ぶ内容。昨日のように、「ついていくのがやっと」ということもなく、非常にのびのびと研修することができました。 本日の流れは、以下のとおりです。 ・トップページの編集 ・ページの作成 ・ルームの作成 ・アンケートの作成 「ページ→モジュール→編集」という、NetCommonsの流儀(もしかしたらXoopsの流儀?)に慣れるまで少し戸惑いましたが、慣れてからは楽しく作業で... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 20時17分

» NetCommons On Virtual PC [情報科雑感]
田中さんのブログに感化されて、やってみました。Knoppix for NetCommons。でも、環境がありません。いえ、Knoppix なので、CDブートできれば立ち上がるわけですが、無線LANでしかネットに繋げられないことから、外とやり取りする場合があったら難しいなぁということで、お得..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 17時21分

« NetCommons応用講座 | トップページ | センター試験:情報関係基礎 »