« DTP基礎:第4日目 | トップページ | 休養の一日 »

2007年8月10日 (金)

DTP基礎:5日目 in YDA

新横浜の岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校にて

講座開設から3年連続で御世話になっている。Macでイラストレータを中心としたDTP作業を指導していただく。講師は若手の村田先生とサポートの残間先生。昨年と同じ内容でと打ち合わせしてあるので、昨日中に昨年度の作品を見せておき、作業のイメージを持たせてある。過去の作品を活用することで、生徒に創作活動の意欲をもたらし、作業の見通しを立てさせることができる。

070810yda_00 070810yda_01

午前中の2時間半。
イラストレータの基本操作
・図形描画(塗りと線+基本図形各種+ペンツール+アレンジ)
・変形ツール(拡大縮小+回転+リフレクト)
・文字(各種装飾+行間+文字間)
・文字の表現(パス上+パス内+アウトライン化して装飾)
・クリッピングマスク(写真の切り抜き)
生徒は全ての概念が出来ているので、理解は早い。
説明の傍らで、どんどん試作して確認していく。

午後に作る自己紹介のフライヤーの説明を行い、写真撮影の場所とポーズを考え、ラフスケッチを書いておくように指示。

■昼食後、情報デザインの分野を研究されている、浅野智先生の研究室にお邪魔する。サイトやソフトの操作性をモニターする部屋を見せていただく。この分野は研究者が少ないので、大学生や企業がこの研究室を訪れることも多いという。研究室のブログでは、本日の講座の紹介もしていただいた。

一人ひとりの写真撮影を含んで2時間の制作時間。TTのH先生(下左)もインターンシップ生も制作する。私は講師の先生と共に巡回指導、そして記録用に写真撮影。

070810yda_02 070810yda_03

今年は自力で作成していく生徒が多い。終了時間間際は講師の先生にも助けていただく生徒もいたが。

070810yda_04 070810yda_06

全員の作品を2部づつ印刷。トンボがついた状態なので、月曜の授業で配布して裁断の説明をする。1部は来年のための資料とする。

生徒を見送った後、画面をキャプチャして作品画像として保存。三つ折りポートフォリオの素材にするためだ。

最後になりましたが、村田先生・残間先生および苅米さんを始めとするスタッフの皆様に感謝のお礼を申し上げます。また来年もよろしくお願いします。

|

« DTP基礎:第4日目 | トップページ | 休養の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/7489754

この記事へのトラックバック一覧です: DTP基礎:5日目 in YDA:

« DTP基礎:第4日目 | トップページ | 休養の一日 »