« 写真加工~課題研究~情報の影響 | トップページ | 検定試験の作問作業 »

2007年6月29日 (金)

修学旅行中の選択授業

2年次生が修学旅行中。選択科目の多くは足踏み状態

本校は単位制であり、2年次の受講者を含む選択科目のほとんどが、先に進めない。私はこの時期を計算して、単発で終わる特別な内容を行う。毎年楽しみでもある。

■DTP入門>1年次生と3年次生が残っている。この科目の履修後に選択できる「DTP活用」の内容から目玉となる部分を2時間で行う。Photoshopで画像の色調補正とゴミ取りを体験。さらにクイックマスクを利用して、クリッピングパスを作成して保存。これをIllustratorに配置し、繰りぬかれた画像になることを確認。また、角版の写真を配置して、その上に描画したパスを使って繰り抜く。両者の比較を行う。
テキスト文をコピーした状態で、Illustrator上の多角形に流し込む、同様に、らせん形のパス上に這わせる。クラスTシャツのデザインなど簡単にできることが分かる。
このように、Wordなどではできない機能を体験することで、次年度の科目選択の参考にし、モチベーションを高めてもらう。3年次生には、実社会のDTPの紹介とする。

■DTP活用>3年次生が残っている。これは26日の記事にも書いた。前期はとにかく作業する時間が必要で、自習課題をふんだんに与えてある。これをやるもよし、課題研究の中間発表用にムービーやグラフィックの素材を作るもよし。多くの生徒が「図形と画像の処理」や「CGデザイン1」・「映像メディア表現」などを選択している。このレベルまで来ると、自主的な活動に意味がある。

■図形と画像の処理>3年次生が残っている。この授業は1時間×週2回。1回目は、図のようにPhotoshopのノイズと雲模様を使った、擬似天然テクスチャづくり。2回目は、いくつかの表情の顔写真を撮り、フィルタ機能でアーティスティックな画像素材にする。これから気に入ったものでモーフィングを作って相互評価。身に付けた画像処理を主体的に操作するので盛り上がる。

Texture

■情報処理技術>これは2講座あるが、2年次用と3年次用に分かれている。私が担当するのは3年次用だが、他のクラスとのしがらみがないので、ひたすら進んでいく。

その他、1年次だけの「情報A」「情報B」、3年次だけの「課題研究(探求)」、3年次専用の「DTP入門」を担当しているが、これらは修学旅行の影響を受けない。

結局、修学旅行中は、「アルゴリズム」と「ネットワーク」の自習監督が増えただけである。例年、会議は減るが、特別授業でエネルギーを使う期間だ。


|

« 写真加工~課題研究~情報の影響 | トップページ | 検定試験の作問作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/6973410

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行中の選択授業:

« 写真加工~課題研究~情報の影響 | トップページ | 検定試験の作問作業 »