« 後輩教員の育成 | トップページ | 産業社会と人間:事業所見学 »

2007年6月26日 (火)

デジハリについて2件

まだデジハリネタになってしまうが、2件の報告

■デジタルハリウッド大学の入学広報担当が来校
昨日電話をいただき、指定校制度とAO入試の説明を兼ねて、情報の授業を見学に見えた。
ちょうど2年次生が修学旅行に出かけたので、「DTP活用」は3年次生だけの自習の状態だった。自習とは言え、9月までのPhotoshopの課題や、課題研究の中間発表の準備などで集中して作業している。中には、少しかじっただけのAfterEffectsでCM作りを完成した生徒もいる。

休み時間に、デジハリ大も視野に入れている3名の生徒を呼ぶ。担当者に自分の研究テーマなどを説明し、大学での生活に耐えられるかなどの情報を得ていた。いきなりでも、キチンと説明できるのが清陵生の強み。制作物を持っていけばAO入試では行けそう?

■デジハリの高校教員割引制度
デジハリの教員割引について、昨日のブログを見て問い合わせのメールがあった。ちょうど、本日来校のデジハリ大学の方がこの関係者でもあり、伺ったことを横浜校のスタッフからの説明と合わせて回答した。

具体的には、Webデザイナーコース・DTPアートディレクターコースのような総合Proコースは60数万円が10万円程度で受けられる。金額は、各校がそれ用の予算の中で決定するらしい。別途AdobeのWebバンドルを購入しても十分に安い。当然、長期的なメリットがあるからだろうが、情報科の教員にとっては研修として価値が高い。通い始めれば、無い時間も工面できるものだ。

興味のある情報の先生。直接、デジハリ各校で相談されたし。

|

« 後輩教員の育成 | トップページ | 産業社会と人間:事業所見学 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジハリについて2件:

« 後輩教員の育成 | トップページ | 産業社会と人間:事業所見学 »