« デジハリ070610 | トップページ | DTP活用:オリジナルトレース作品 »

2007年6月12日 (火)

DTP活用:実技試験

専門教科情報の学校設定科目「DTP活用」で実技試験を行う

4月からイラストレータの基本操作、特にトレースを使ったパスの描き方を習得してきた。オリジナルの作品も提出されてくるが、結構腕があがってきたようだ。

実技試験の内容はイラストのトレースである。学校説明用のパンフレットに使われている、ベイブリッジ~みなとみらい~清水ヶ丘の横浜清陵総合高校校舎までのイラスト。これをスキャンした画像をイラストレータでトレースする。実はこのブログのヘッダーの画像も、私が同じ作業をして描いたパスから作成した。一つ作っておくと使いまわしが効くので、生徒も以後の作品に使うことができる。

070607dtptest05m 070607dtptest03m 070607dtptest01m 070607dtptest06m

試験に先立ってトレースのネタは予告してある。ベイブリッジと観覧車の部分が難関で、パスのアウトライン化とパスファインダ機能を上手く組み合わせる。構想が練れていれば余裕だろう。
予想どおり、50分という時間で大体の生徒が形が出来上がった。オリジナル作品で難易度の高いトレースに挑戦した生徒は、その成果としてスピードが速い。

試験中には、20分後と35分後にも別名保存させている。合計3つのデータを全て提出させて、途中経過からどのような工夫をしたか、制作手順は適切かなどを判断する。「思考・判断」と「技能・表現」の観点で評価をした。

|

« デジハリ070610 | トップページ | DTP活用:オリジナルトレース作品 »

コメント

久野です。なるほど! 途中結果も保存させて思考過程の評価に使うというのは目ウロコでした。

投稿: 久野 | 2007年6月13日 (水) 14時42分

久野先生、コメントありがとうございます。
フリーズなど万一のことがあるので、実技試験ではいつも途中で保存させています。しかし、今回は特別に「名前を変えて保存」という方法を取りました。理由はお察しの通りです。

投稿: VX | 2007年6月14日 (木) 00時24分

辰己先生は「上書き保存」中にソフトが落ちてその保存途中のファイルが
破壊されていて仕事がパーになって泣いていました。試作教科書にもその
エピソードを思わず入れてしまったという… ですから、名前を変えて保存の
方が安心ということもありますね。

投稿: 久野 | 2007年6月14日 (木) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/6765234

この記事へのトラックバック一覧です: DTP活用:実技試験:

« デジハリ070610 | トップページ | DTP活用:オリジナルトレース作品 »