« 図形と画像の処理:10秒CM | トップページ | 横浜デジタルアーツ専門学校へ »

2007年5月23日 (水)

DTP活用:オリジナルトレース

専門教科情報「コンピュータデザイン」をDTPに特化した学校設定科目

4月からイラストレータでパスの扱いを勉強してきた。パスのアウトライン化やパスファインダを応用して、多少のトレースは効率よく行えるようになってきた。今年の受講者の意欲は過去最高である。時間に余裕ができたので、オリジナルの手描きイラストのトレースにチャレンジした。

A4の紙にイラストを描いてくることが宿題だった。準備のできた生徒から、Photoshopを立ち上げてネットワークスキャナーに接続。高機能のモードで、8bitグレー、200dpi、範囲を指定して撮り込む。線画なので、コントラストを上げ、明るさを調整してからPhotoshop形式で保存する。イラストレータに実物大で配置することができる。

少し難しい解像度の話もしたが、意欲的によく聞いてくれた。制作に入ると休み時間返上で集中している。特に、萌えキャラにチャレンジした生徒は居残り覚悟である。
070522_03 070522_01

どこかで見たことのあるキャラクタもあるが、生徒は「個人的に楽しむ範囲」と宣言する。作品は常に公開を前提にと伝えてあるが、今回に限り、それらしきは公開しないこととする。

070522_04 070522_06

簡単なデザインの生徒は時間内に完成し、Web形式に出力したデータと合わせて提出。自分が描いた絵に愛着感があるのだろう、画面を携帯で撮影していた。

最後に中間テストの予告をした。このブログのタイトル部分のシルエット画像。この原画のトレースを実技テストとして行う。

|

« 図形と画像の処理:10秒CM | トップページ | 横浜デジタルアーツ専門学校へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/6520031

この記事へのトラックバック一覧です: DTP活用:オリジナルトレース:

« 図形と画像の処理:10秒CM | トップページ | 横浜デジタルアーツ専門学校へ »