« DTP活用:オリジナルトレース | トップページ | 神奈川県情報部会研究大会 »

2007年5月24日 (木)

横浜デジタルアーツ専門学校へ

放課後、新横浜の横浜アリーナ隣の岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校へ急ぐ

用件は2件。
■生徒が課題研究の実習指導を受けに行ったので、その巡回指導。
3年次生3名が、専門学校の先生より直接指導を受けるために通い始めた。課題研究を実現するためのフィールドワークの一例である。
萌えキャラ系のイラストをPhotoshopで完成する技術を学ぶ生徒が2名。3DCGを絵コンテから完成までの工程を実体験で学ぶ生徒が1名。彼らは本校の専門教科情報の科目を多く学んでいる。
本日は3名とも午後の授業がないので、14時からの実習。私が17時に到着したのと入れ違いになってしまったが、担当された日馬先生と松尾先生、そして日頃からお世話になっている今野氏から実習の報告を受けた。当分通いで面倒を見て下さるという。親身になって対応してくださるので心強い。

■夏の短期集中講座「DTP基礎」の一日講習会の依頼
夏休み中に6日間(×6時間)で実施する「DTP基礎」の日程中の1日、こちらのグラフィック科で実習指導をしていただく。今年の日程を打ち合わせた。本日はお会いできなかったが、若手で実力を持った新任講師が担当してくださるという。
例年、Mac+Illustratorで自己アピールのフライヤーを制作しているが、新しいアイディアに期待している。

一昨年の授業の様子と、Macの画面キャプチャ、アリーナ前の記念写真。
05ttpkiso_2 05ttpkiso 05ttpkiso_1

岩崎学園グループでは、神奈川の総合学科の牽引者であり、この春、県立Y高校校長を退職された矢向實先生を顧問に迎えられた。今後、総合学科高校との連携活動をさらに推進すると伺った。

■■さて、これから明日の情報部会研究大会の準備を始める。午前中が1年次生の「産業社会と人間」の「社会人講話」という企画があるので、学校では作業ができないからだ。
「社会人講話」では各方面からの社会人を招き、グループごとに職業について講話を伺う。来月に控えている「事業所訪問」に向けてのプレ実習になる。明日、私が担当する会場はWeb制作会社アットライズの服部洋二代表取締役を招く。参加生徒は15名。

|

« DTP活用:オリジナルトレース | トップページ | 神奈川県情報部会研究大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/6536725

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜デジタルアーツ専門学校へ:

« DTP活用:オリジナルトレース | トップページ | 神奈川県情報部会研究大会 »