« 日本電子専門学校に生徒を引率 | トップページ | ICTE情報教育セミナー in Keio »

2007年5月11日 (金)

京急沿線県立総合学科の連携(2)

県立金沢総合高校にて17時より。4月24日に続き課題研究担当者の会議。

金沢総合・本校より2名づつ、大師高校より1名、計5名の参加。
この3校で、課題研究を行っている3年次の連携を企画している。金曜の午後は3校とも課題研究の時間となっているので、生徒どうしの移動や、合同の校外活動が可能である。今年は試行しながら、いずれは県内の多くの総合学科での連携を模索する。

まず、6月1日(金)に第1回の連携活動を行う運び。テーマが類似している3校の生徒の中から、移動して指導可能なグループをいくつか選択し、共同で実習やディスカッションなどを行う。一度で成功するかはともかく、他校の生徒と活動させることによって様々な効果が期待できる。企画するのは大変だが、プラス志向で頑張ってみる。

私が担当するのは、CG・セキュリティ・ロボットなどをテーマとする情報関係の生徒たち。会議の参加者より、デジハリ横浜校で体験授業や業界情報の提供などができないかと強い要望が出た。私のブログを読んでくださっているので、デジハリの教育力に期待されている。一昨年、夏の短期集中講座の一部として、イラレの体験授業でお世話になったことも知っている。明日は慶応大学でのICTEセミナーに参加し、夕方から夜にかけてデジハリに行く。ダメ元でスタッフに打診してみることになった。

私からは、デジハリ大学・日本電子専門学校・情報科学専門学校・横浜デジタルアーツ専門学校への生徒の引率の事例を紹介た。このような企画が竹の子のように出でくることを期待している。

18時30分に会議終了。京急富岡駅近くで楽しい一時を過ごした。

|

« 日本電子専門学校に生徒を引率 | トップページ | ICTE情報教育セミナー in Keio »

コメント

いつも精力的にご活躍されるVXさまに脱帽です。
6月1日が神奈川県の総合学科の節目のひとつと
なるような日になるといいなあと、心から願っています。

こうした総合学科の理念を具現化する、神奈川らしい
取り組みがもっともっと広がるといいですね。

その一方で総合学科のさまざまな部分が変質し、
初期の理念や勢いが尻すぼみにならないことだけを
願っています。
時代の先を行っていたつもりが、気がつくと時代に
取り残されていた、そんな焦燥感が日に日に強くなる
私の戯言(ざれごと)ですが。

投稿: HIRON | 2007年5月20日 (日) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/6385819

この記事へのトラックバック一覧です: 京急沿線県立総合学科の連携(2):

« 日本電子専門学校に生徒を引率 | トップページ | ICTE情報教育セミナー in Keio »