« 横浜国立大学の学生が授業見学 | トップページ | シンポジウムでの発表依頼 »

2007年2月27日 (火)

「じっきょう資料」での報告記事

昨日のブログを見た実教出版の方より電話連絡が入る

記事中の「じっきょう資料」へのリンク先は現在準備中だが、別のページで記事をアップしているという連絡。別途メールでURLを紹介していただく。確かにありました。失礼いたしました。

この機会に、「じっきょう資料」に執筆した記事を紹介させていただく。私の思いと活動をそのままを紹介しているものだ。

■情報教育資料13号 2005/10/05
「資格検定」の単位認定制度の活用と科目開発に関する取り組みについて (pdf 372KB)
(概要)パソコン素人状態で情報の免許講習会に参加した。強烈な刺激を受けて、その後、資格検定を目標に勉強してきた。これが科目開発に役立ったことから、教員にも資格検定を勧める。さらに高校生の学習目標として紹介することで、授業で扱えない部分を補完する効果を紹介。また、本校の情報関係の科目の体系図を紹介している。
(参考)この受検経験から、神奈川県情報部会で技能審査の研究を担当させていただいている。現在、新年度に向けての標準例の改訂をサポートしている。「標準例」とは、神奈川県独自のもので、単位認定の対象となる技能審査の一覧である。詳しくは2月2日の記事を。

■情報教育資料17号 2007/02/20
「情報の短期集中講座」と「教職を目指す学生のインターンシップ」の実践報告 (pdf 957KB)
(概要)夏休み中に行う短期集中講座に情報の教職を目指す学生をインターンシップとして招き、高校生への手厚い学習環境の実現と、教員を目指す学生の意欲・資質の向上を実現するという実践を報告。6時間×6日の講座を3回行い、4名の大学生が実習を行った様子を紹介。短期集中講座「コンピュータ技術」と「DTP基礎」の時間割を紹介している。
(参考)この事例は、昨年の8月、埼玉県立春日部高校で行われた教科情報の関東地区合同研究大会でも発表している。毎日インタラクティブでも紹介されている。

なお、じっきょう資料の全バックナンバーはこちらに紹介されている。過去にも興味深い記事があったが、ここでいつでも閲覧することができる。

最後に、他の出版社との連携も行っていることを申し添えておく。

|

« 横浜国立大学の学生が授業見学 | トップページ | シンポジウムでの発表依頼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/5513117

この記事へのトラックバック一覧です: 「じっきょう資料」での報告記事:

« 横浜国立大学の学生が授業見学 | トップページ | シンポジウムでの発表依頼 »