« Web Accessibility Toolbar | トップページ | 盲学校の見学から… »

2007年1月22日 (月)

富士通アクセシビリティ・アシスタンス

昨日/一昨日の記事の続き。富士通アクセシビリティ・アシスタンスのサイトから3つのツールをダウンロードして使ってみた。これらの機能をレポートする。

■WebInspector
ファイルを指定またはURLをペーストすると、富士通アクセシビリティ指針70項目のうち、優先度が高くHTMLソースからチェック可能な25項目をチェックして結果を表示する。サイトを構成するソース毎に問題点の指摘とその解説がなされる。画面のキャプチャは取りきれないので省略するが、下の2つのツールとは違った面からWeb制作を強力に支援してくれるツールである。
このWebInspectorは神奈川県の県立高校のWebページ作成担当者に推奨されているソフトでもある。

■Color Doctor
ファイルを指定、または、URLをペーストすると、左ウィンドウにオリジナルのWebページ、右ウィンドウには変換フィルタを通したページが表示される。(クリックで原寸表示)
Colordoctor
変換フィルタは、グレースケール/第一色覚(赤)/第二色覚(緑)/第三色覚(青)の4種類。これらを切り替えるとリアルタイムで表示される。
図は、1月7日の記事の一部に フィルタ第一色覚/第二色覚/第三色覚 を通したもの。
 ○オリジナル
Colordoctor_original
 ○第一色覚(赤)
Colordoctor_red
 ○第二色覚(緑)
Colordoctor_green
 ○第三色覚(青)
Colordoctor_blue

■ColorSelector
数値で指定またはスポイトで抽出した背景色と文字色の組み合わせで見やすさを判定する。白内障や色覚障害の人にとって見やすいかどうかをアンテナの本数で表す。3本:最適/2本:良好ではない/1本:どうにか見える程度、という判定。一方の色を固定して、他方の色を抽出するためにブラウザ上でスポイトを移動するとリアルタイムに判定評価が変化する。
このColorSelectorは、昨日紹介したカラーコントラストアナライザーと似た機能である。
Colorselector

本日/昨日のツールを紹介していただいたデジハリの岡田先生にこの場を借りてお礼を申し上げます。

|

« Web Accessibility Toolbar | トップページ | 盲学校の見学から… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/5040837

この記事へのトラックバック一覧です: 富士通アクセシビリティ・アシスタンス:

» アイコンの色 [舎密亭日乗 ]
一昨日の記事の続きである。 同じく、五十嵐さんのブログ記事に導かれて、富士通アク [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 23時13分

« Web Accessibility Toolbar | トップページ | 盲学校の見学から… »