« 副教材編修会議(4) | トップページ | 本当にあった恐ろしい話(2) »

2007年1月29日 (月)

本当にあった恐ろしい話(1)

現在、VistaRC1+Office2007である作業をしている。職場にSchoolAgrementがあるので、Office2007はボリュームライセンスで正規版を使っている。VistaもBusiness、Enterpriseの正規版を学校で入手しているが、今の作業に支障が出るのはまずいので、これが終わるまではRC1のままで行く。VistaRC1は今年の6月1日まで有効だ。

さて、この作業をしている仲間がある実験を行った。日時の設定を変更したという・・・

その瞬間に画面が真っ黒、ウンともスンとも言わなくなった。

XPとのデュアルブートにしていたので、幸いデータだけは取り出せたというが、締め切り間近で恐ろしい思いをしたはずだ。私も最近恐ろしい体験をしたので想像できる。

実験とは言え、リスクは大きすぎる。

|

« 副教材編修会議(4) | トップページ | 本当にあった恐ろしい話(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178689/5141181

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にあった恐ろしい話(1):

« 副教材編修会議(4) | トップページ | 本当にあった恐ろしい話(2) »